水筒のすすめ

SITE MAPLINK

ペットボトルを水筒代わりに?
HOME > 水筒を持ち歩こう >ペットボトルを水筒代わりに?

ペットボトルを水筒代わりに?

ペットボトルを水筒代わりにしている人も多いのでは? 自分でお茶を入れ、500mlのペットボトルに詰め替えて持ち歩いている人を良く見かけます。でも、この行為にはあまり賛成できません。それは、ペットボトルは繰り返し使うように作られているわけではないからです。

ペットボトルは水筒代わりになる?

ペットボトル結果から先に言うと、水筒代わりになりません。それは何故でしょうか。まず第一の理由として、ペットボトル容器は皆同じではないということです。中に入れるものに合わせて、それ専用に作られているため、材質が全て同じというわけではないのです。そのため、殻になったペットボトルを再利用しようと、中を詰め替えて持ち歩くのは各メーカーも勧めていません。

夏の暑い時期に、ペットボトルごと中身を凍らせて持ち歩く人もいますが、これもお勧めできません。最近コンビニエンスストアで見かける、冷凍可能なペットボトルや、ホット専用のペットボトルではないので、普通の容器を凍らせたり熱いものを入れるのは絶対にやめましょう。入れたものの変質も考えられますし、容器そのものが破損してしまうおそれもあります。なによりも、水筒代わりにすることを想定して作られているわけではありませんので、やってはいけないことだったのです。

色々なサイトを見ると、エコのため、節約のために空になったペットボトルを水筒代わりにするのを勧めているものを目にしますが、決してエコでもロハスでもありません。

衛生面での心配

先にも述べたように、ペットボトルは水筒代わりに使われるのを想定して作られているわけではありません。また、いくらしっかりと洗ったつもりでも、溝が多いペットボトルには、目に見えない汚れが蓄積されていきます。水筒代わりに使っていて、ある日突然いつものお茶の味が変わったという経験、ありませんか? それはペットボトルにたまった汚れのせいです。

目に見えない細菌などが保存料の入っていないお茶を入れることで、中で繁殖したり、口をつけて飲んだりすることで、唾液が混じって発酵してしまうせいです。衛生面を考えると望ましくないどころか、気持ち悪くありませんか?

ペットボトルをきれいに洗うためのスポンジなども販売されているようですが、隅々完璧に洗うことは難しいようです。汚れが残っていると、そこからどんどん汚れが広がっていきます。2〜3回なら洗って使える、10回はいける……というのを耳にしたこともありますが、目に見えない汚れも一緒に口に入れているということを考えると、全く衛生的ではありません。まして暑い季節に持ち歩くと、それだけペットボトルの中の環境も悪くなりますので、しっかりと洗浄のできる水筒がいいと言われるのもお分かりになるでしょう。定期的にペットボトルを取り替えればいいと思っている人もいるようですが、決して衛生的でも経済的でもありません。

▲ ページの上に戻る

エコになっているか

ペットボトルをゴミとして捨てないで、水筒代わりにすることで環境にも優しい行為だと思っていませんか? 果たして本当にそうでしょうか。何度か水筒代わりに使ったペットボトルはどうしていますか? エコを考えて再利用しているのだから、絶対に捨てない! 水筒代わりにした後は、小物入れにしたり、植物を植えたりしているという人はいないでしょう。殆どの人が最終的にはゴミに出しているのではないでしょうか。本当にエコを考えるのであれば、ペットボトル飲料を飲むことを極力避けて、自分で入れたお茶を水筒に詰め替えて持ち歩くのが、エコに貢献していることだと思いませんか? ペットボトルを水筒代わりに持ち歩いている人を見ると、商品名が印刷されたフィルムをはがして使っている人が殆どです。仕事場などに持ち込むには、あまり見た目にも良いとはいえません。


売れ筋の商品レビュー
発売日 : 2008/01/21
出版社/メーカー : 象印
おすすめ度 : (22 reviews)
5フッ素加工
2注ぎ口からつたってこぼれる
5さすがZOJIRUSHI
5買った当初は節約精神だけだったけど
5びっくり!!

▲ ページの上に戻る