水筒のすすめ

SITE MAPLINK

水筒のすすめ

水筒

水筒最近、水筒を持ち歩く人が増えてきています。コンビニでお茶を買うよりも、すいとうにお茶を入れて持ち歩いた方が経済的だということに、多くの人が気づき始めた証拠でしょう。また、エコの面から見ても、不要なペットボトルを増やさないために、持ち歩いているという人もいるでしょう。すいとうを持ち歩いている人が増えてきている反面、手軽に買えるペットボトル飲料の人気が落ちていないのも事実です。

サイトの趣旨

このサイトでは、ペットボトルと違って、洗って何度でも持ち歩くことのできる水筒を見直してみようというサイトです。すいとうの歴史などの知識から、様々なスイトウの種類、どうしてペットボトルを水筒代わりにしてはいけないのかなどを学びながら、皆ですいとうを見直していきましょう!

昔の水筒と現在の水筒

現在では保温性があり、お茶を暖かいままで飲むことができる水筒ですが、昔のすいとうに保温性はありませんでした。

【水筒の歴史】では、そんなすいとうの歴史について触れていきます。
【昔の水筒を作ってみよう】では、昔ながらの竹を使ったスイトウの作り方を紹介します。アウトドア派にはきっと興味を持ってもらえるのではないでしょうか。
【魔法瓶の製造法】では、その作り方を知ると、なぜ中に入れたものが冷たいまま、暖かいままなのかが分かります。

▲ ページの上に戻る

水筒を持ち歩こう

現在、様々なすいとうが販売されていて、その種類の多さにも驚かされます。昔ながらのすいとうや、お洒落で持ち歩いてもオフィスにもピッタリとマッチするデザインのものなど様々です。

【ペットボトルやめませんか?】では、毎日ペットボトルのお茶を購入しているといくらになるのかを紹介します。これを見ると、明日からでもすいとうに変えたくなりますよ♪
【お洒落になった水筒】では、様々なデザインのスイトウを紹介していきます。
【ペットボトルを水筒代わりに?】では、ペットボトルをすいとう代わりにして使う問題点を取り上げています。エコのつもりで、ペットボトルを何度も再利用していませんか?

▲ ページの上に戻る

水筒の雑学

すいとう一つを取り上げても、その歴史の中に様々なことが隠されています。また、これからもスイトウを上手に使いこなしていくための豆知識などもあります。

【水筒を使った出来事】では、世界で始めてチーズが生まれたのはスイトウの中だったことや、トレッキングボトルと呼ばれるすいとうのキャップがどれだけ丈夫にできているのか、エピソードを紹介します。
【水筒を使って一工夫】では、すいとうを使って料理の下ごしらえをする方法や、すいとうでのおいしいお茶の入れ方などを紹介しています。
【水筒の上手な洗い方】では、奥まで手のとどきづらいスイトウを上手に洗う方法を取り上げています。


売れ筋の商品レビュー
発売日 : 2008/01/21
出版社/メーカー : 象印
おすすめ度 : (22 reviews)
5フッ素加工
2注ぎ口からつたってこぼれる
5さすがZOJIRUSHI
5買った当初は節約精神だけだったけど
5びっくり!!

▲ ページの上に戻る